アルギニン 過剰摂取

アルギニンのせいというよりも

アルギニンってアミノ酸の一種ですから
基本的に毒性は無いといっても差し支えないです。

 

ですが、食べ物でアルギニンを摂取したい時は
アルギニンを多く含む食物を食べ過ぎないこと。

 

まあ食べ過ぎは何でも良くないですが、
アルギニンとタンパク質の量は
比例しやすいですから、結果的に
肉や卵などの食べ物が増えると思います。

 

そうなるとアルギニンというよりは
むしろ動物性タンパク質のとりすぎで
太りやすくなる、腎臓に負担が出る等の
症状が出てしまう場合があるようです。

 

 

またケミカルなアルギニンサプリに要注意です。
天然成分系のサプリと違い、
安価に化学合成されたサプリは
体内のアルギニン濃度だけを著しく変えます。

 

アルギニンはアルカリ性なので、
過剰摂取すれば胃腸その他消化器系に
ダメージを与えてしまう可能性があります。

 

それ以外にもホルモンバランスの
乱れの原因となり、体の内外に
予期せぬ不調を呼び起こす可能性大です。

 

これはケミカルなサプリだけでなく
砂糖や塩などにも言えることですが、
精錬されたある一つの成分のかたまりを
摂取してしまうのは極めて健康に良くない
です。

 

身体に不必要な負荷を与えたくなければ
特定の成分のみに特化したものは摂取しないこと。